NEW Achievements 2017-2016

  •  Sang-Mi Kim(2017.5.19). "Chinese Students' Acculturation from the Participative PhotoVoice Study", Korean Society for Journalism and Communication Studies, Cheju International University, 2017. 5.19 (『フォトボイス研究からみた日本在住中国人留学生の異文化適応』韓国言論学会春季定期学術大会)
  • 金 相美(編) White Paper『アジア留学生白書ー留学生フォトボイス研究から見えるもの』名古屋大学国際言語文化研究科,2016.3.15 
  • Sang-Mi Kim(2016.2) Exploratory Research on Social Media and Digital Writing : Qualitative Interview of Japanese College Students, Journal of Socio-Informatics, Vol.8, No.1 Feb.PP13-27 2016 

Presentation

[国際会議論文]         

  • Sang-Mi Kim (2015.10.21₋22) How Digital Divide Enhance the Inequality of Political Knowledge? : Revisiting the Hypothesis of the Political Knowledge Gap in the Asian Context,Partnership for Progress on the Digital Divide 2015 International Conference,Partnership for Progress on the Digital Divide 2015 International Conference, 21-22 October 2015, Scottsdale (Phoenix), Arizona, USA. 
  • Sang-Mi Kim.2015.8.21,"How Gender differences affect the Construction of Political Tendency toward Historical recognition and Political participation of Young Adults in Japan: A questionnaire survey on 2007 and 2013 Upper House Election in Japan",11th Biennial Conference of AASP(Asian Association of Social Psychology),Aug.19-22.2015 
  • Eulália Vasconcelos・Sang-Mi Kim(2014.12.20), "Walking through a public space doesn't make my body public": Women go online against patriarchy structures and male's dominance, 社会情報学会中部支部研究会, 名古屋大学
  • Eulália Vasconcelos・Sang-Mi, Kim.,“Women’s Cyberactivism against catcall in Brazil: From ‘Invisible Sexism’ to Sexual Violence against women” Womens' Communication Association ,2014.11
  • Sang-Mi Kim, “Political Diversity in Strong Ties or Weak Ties: Which Contributes More to Political Tolerance?” , Conference of Association of Korean Mass Communication, Discussant, 2014.5
  • Sang-mi Kim &Paul Lai , New Challenges of University Education in Japan, The future of college education :Challenges and responses in business and communication education, Hallym University, Korea, May.9.2012.
  • Sang-mi Kim, “New Digital Divide in Japan” , International Political Strategy Seminar:Beyond the Digital Divide to the Digital Inclusion, Press Center, Seoul, Korea, 2012.5.16
  • Sang-mi Kim & Tetusro Kobayashi.(2010.6.25-27).「Revisiting the hypothesis of Political Knowledge Gap in Asia's context」 Networking Democracy? New Media Innovations in Participatory Politics Symposium,June 25-27,Universitatea Babes-Bolyai(バベシュ・ボヨイ大学),Romania.
  • Tetusro Kobayashi. & Sang-mi Kim(2010.3.24-25).「News Exposure and Political Knowledge in East Asia: Are the Findings in the US Replicable here?」 International Symposium Transnational Connections Challenges and Opportunities for Political Communication,March 24-25,IE University,Spain.
  • Sangmi-Kim(2008.7) “Social Capital and Participating in Online Communities -Based on a survey of Korean and Japanese university students,”, IAMCR(International Association for Media and Communication Research), Stockholm, Sweden
  • Sangmi-Kim(2006.7) “The Effect of the Media usage toward a Voting behavior among University Students in Japan and South Korea,”,Cultural Typhoon in Shimokitazawa.
  • Ron, Korenaga.& Sang-Mi,Kim.(2006.6). “Convergence or Compromise? The Influence of Mobile Phones as Internet Media in Japan,” ,In Session: Convergence and Networking: Converging Technologies, Ownership, and Cultures in Networking Mediated Communities. (Unit: Communication and Technology). ICA(International Communication Association) Dresden, German.
  • Hayashi, Kaori&Kim,Sangmi(2005.6):“The Vulnerability of Gendered Culture: Trivialized Popularity of the Korean Drama `Winter Sonata` in Japan”, World Women Conference 2005
  • Kim,Sangmi.(2002.7):“Personal media usage and social network of international  students residing in Japan,” International  Communication Association, ICA.2002.7

[学会発表]*国内        

  • 金 相美(2015.9.12)『スマート時代における知識ギャップ仮説の検証』社会情報学会2015年秋季大会,明治大学,2015.9.12-13
  • 金 相美(2015.6.13) 『若年層は如何に保守化しているのか―若年層の投票行動に関するウェブベース質問紙調査結果を元に』マス・コミュニケ    ーション春期大会,同志社大学,日本,2015年6月13日金相美「若い女性のソーシャル・メディ利用と政治参加」創造するアジア―ジェンダーの理論と実践 名古屋大学2015年2月7日 
  •  金相美(2015.2.7)『若い女性のソーシャル・メディア利用と政治参加』「創造するアジア―ジェンダーの理論と実践」 名古屋大学 2015年2月7日ジェンダ論セミナー:Political Participation,SNS, Gender  2月7日
  • 金敏智,金相美(2014.12.20)『日本女性の韓国ドラマ視聴に関するライフストーリー研究 ―「私の名前はキム・サムスン」を事例に』社会情報学会    中部支部研究会, 名古屋大学
  • 金 相美(2015.9.12)『スマート時代における知識ギャップ仮説の検証』社会情報学会2015年秋季大会,明治大学,2015.9.12-13
  •  金 相美(2015.6.13) 『若年層は如何に保守化しているのか―若年層の投票行動に関するウェブベース質問紙調査結果を元に』マス・コミュニケーション春期大会,同志社大学,日本,2015年6月13日
  • 金敏智,金相美(2014.12.20)『日本女性の韓国ドラマ視聴に関するライフストーリー研究 ―「私の名前はキム・サムスン」を事例に』社会情報学会中部支部研究会, 名古屋大学
  • 金 相美・杉浦央晃(2014.9.21) 『メディアと投票行動 ―2007年と2013年の参議院選挙の調査結果をもとに―』社会情報学会2014年,京都大学,2014.9.21 社会情報学会 発表
  •   金相美(2012.6.3).「 モバイル・インターネットは如何に社会関係資本を蓄積できるか。―日韓におけるスマートフォン普及とソーシャル・メディア利用の側面から検討」(企画:金相美,司会者:加藤倫子,問題提起者:金 相美) 日本マス・コミュニケーション学会2012年度総会春季研究発表会ワークショップ,宮崎県立大学
  • 金 相美(2012.7.31). 『日韓のスマートフォンと政治行動』「2012年度 東京大学現代韓国研究センター第1回研究会「情報行動の日韓比較」」東京大学,東京,日本,
  • 金 相美(2012.11.8).「東日本大震災と韓国メディア」『外国メディアにおける3.11震災』名古屋大学,日本
  •  金相美(2008.5).「韓国の政治過程におけるメディア影響力の構造変化―2007年大統領選の投票行動の分析を中心に」『日本マス・コミュニケーション学会』ワークショップ,2008年春季研究学会,司会者;金相美、問題提起者;Yang,Seung-Chan, 討論:木村忠正
  • 金相美・石井健一・橋元良明(2005.10):「インターネットと既存メディアの代替効果研究:日本人の情報行動に関する調査結果を中心に」,『日本マス・コミュニケーション学会』ワークショップ,2005年秋季研究学会
  • 金相美・石井健一・橋元良明・辻大介・木村忠正(2003.6):「インターネット利用行動に及ぼすメンタリティの影響 ~日韓学生比較調査から」,『第20回情報通信学会』
  • 金相美(2001.10):在日留学生のパーソナル・メディア利用と社会的ネットワーク,『日本マス・コミュニケーション学会 2001年秋季大会』.
  • 金相美(2001.9):留学生のパーソナル・メディア利用と日本語習得との関係,『日本社会言語科学会8 th大会』.

 

[雑誌など]        

  • 金 相美(2009).「日本のライバル新聞社、インターネット戦争のため手を組む」, 『新聞と放送』2009.1(韓国語)

[資格]   LISENCE & CERTIFICATE

  • 1997.12 TESOL(Certificate in Teaching English to Speakers of Other Language) from University of California, Los Angeles(UCLA)
  • 2005.10  『専門社会調査士』獲得 (社会調査協会)

 

【社会的活動】

  • 金 相美.『地域SNS全国フォーラムin安城』でのコメンテーター,2013.2.16

編集委員

  • Socio-Informatics(2013-Current)
  • Conference Paper 査読者
  • ICA(International Communication Association) Political Communication Division (2010)
  • ICA Communication & Technology Division (2010)

 

  • Journal 査読者 :
  • Journal of Socio-Informatics(2009)

 

 [受賞]

  • 日本社会情報学会2004年度研究奨励賞受賞
  • (Top Paper Award, The Japan Society for Socio-Information Studies (JSIS))

Publication

[著書:共著]

  • 金 相美(2009).「文化とインターネット」『インターネット心理学のフロンティア』(三浦麻子・森尾博昭・森尾博昭編)誠信書房, pp251-284
  • 金 相美(2009).「日本におけるモバイル利用行動の特徴及び新聞社のモバイル戦略」『メディア企業のモバイルコンテンツの拡散と競争』,韓国言論財団
  • 金 相美(2008).「ニュースブログポータルサイト、iza!」「地方新聞の集大成,「47NEWS」」『世界新聞社のモバイル事業』, 53-70,,韓国言論財団
  • Hashimoto Yoshiaki.&Kim Sang-Mi. (2008.5):「日本のオンラインニュースとポータルサイト」『研究報告書:オンラインニュース流通環境におけるメディア間協力的エコシステムに関する国際比較研究』Hwang,Yong-Suk et al. NORI(Naver Open Research Info-Net)Konkuk University東京大学大学院情報学環編(2006.11):『日本人の情報行動2005』東京大学出版会(編集代表者:橋元良明、共著者:石井健一、三上俊治、金相美、北村智、小笠原盛浩、遠藤薫、吉井博明、辻大介、以上9名,総336頁,筆者担当総34項)
  • 金相美(2006.9):「日本における放送の公共性に関する論議」,『放送政策の公益性の強化対策に関する研究』韓国言論財団(総190頁,筆者担当総23項144-176頁,韓国語)
  • 金相美(2005.10):「政治的情報源としてのインターネットの可能性」,『ネットワーク社会』橋元良明・吉井博明編.ミネルヴァ書房(総25頁,筆者担当総25頁:45-69頁)
  • Kim, Sang-mi.(2005.10):“Personal media usage and social network of international students residing in Japan,”,When Mobile Came The Cultural and Social Impact of Mobile Communication. Mobile Communication and Society1, Kim, S.D. Ed. Seoul, Korea: Communications Books(総310頁,筆者担当総21頁:212-232頁,英語)
  • Kim, Sang-mi. (2004.12):“Mobile services and social implication in Japan,”,Mobile news: contents service, Kim, J.Y. Ed. Seoul, Korea: Korea Press Foundation(総179頁,筆者担当総33頁:73-105頁,韓国語) 

 

[査読付き論文:単著]

  • 金相美(2009).「市民の政治参加におけるインターネットの影響力に関する考察-参加型ネットツールは投票参加を促進するのか」『選挙研究』24-3(Japanese)
  • Sang-Mi Kim.(2008). “Social Capital and Online Community Engagement: Based on Comparative Study of Japan and Korea”.
  • Digital Communication Review, 4-2, 2008. (English)
  • 金相美(2007.8):『社会関係資本としての縁故主義的ネットワークとサイバーコミュニティに関する一考察―韓国社会を事例に』,単著,博士論文(東京大学大学院情報学環)
  • 金相美(2006.1):「メディア利用行動におけるテレビとインターネットの同時的並行行動に関する研究―日記式(Time Use Survey)による分析結果を元に」,『マス・コミュニケーション研究』No.68:97-114頁.
  • 金相美(2005.3):「モバイル・コミュニケーションと情報行動」,『情報学研究』東京大学大学院情報学環紀要 No.69:101-119頁.
  • 金相美(2004.3):「オンライン・コミュニケーション利用と社会的スキルー日韓大学生調査を中心に」,『社会情報学研究』日本社会情報学会(JSIS) 第8巻2号:13-26頁.
  • 金相美(2003.7):「インターネット利用に関する日韓大学生比較研究―利用動機・効用の分析を中心に」,『マス・コミュニケーション研究』 No.63:112-129頁.
  • 金相美(2003.3):「携帯電話利用とソーシャル・ネットワークとの関係-在日留学生対象の調査結果を中心に」,『東京大学社会情報研究所紀要』 No.65:363-394頁.
  • 金相美(2002.3):『在日留学生のパーソナル・メディア利用と対人ネットワーク・異文化適応・言語習得』(東京大学大学院人文社会系研究科提出修士論文)
  •  [査読付き論文:共著]
  • 金 相美・金ミンジ・山崎茜(2010).「日本における動画コンテンツ制作・流通構造の変化に関する調査―プロフェショナル・インタビューの結果を元に」,『メディアと社会』名古屋大学大学院国際言語文化研究科
  • Park,Ju-Yeun&Kim,Sang-Mi. (2006.2):「海外メディア企業のモバイルニュースサービスの戦略に関する研究」,『東西言路(The EAST-WEST CHANNEL)』韓国外国語大学言論情報研究所,第19号:113-143頁(韓国語)

 
[査読無し論文:共著]

  • Sang-Mi, Kim. 「日本の個人情報保護法」『KISOジャーナル (Journal of Korea InternetSelf-Governance Organization)』(社)韓国インターネット自律政策機構,夏号 Vol7, pp32-29, 2012.7.9
  • (Sang-Mi, Kim., Review of Privacy Protection Law in Japan, Journal of Korea Internet Self-Governance Organization, Vol7, pp32-29, 2012.7.9)
  • 橋元良明・石崎雅人・石井健一・木村忠正・金相美(2007.5):『ネット展開と社会的信頼性に関係に関する日韓比較研究』平成17年~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書
  • 橋元良明・小笠原盛浩・石井健一・金仁培・石崎雅人・木村忠正・金相美 (2007.3):「新聞記事にみるインターネット・イメージの日韓中比較」,『東京大学社会情報研究所調査研究紀要』 24号(共同研究につき筆者担当部分抽出不可能)
  • 橋元良明・石井健一・木村忠正・金相美・小笠原盛浩・金仁培(2007.3):ネット利用とオンライン・コミュニティの日韓比較,『東京大学社会情報研究所調査研究紀要』 24号(総48頁,筆者担当:15-23頁で総9頁)
  • 橋元良明・金相美(2005.3):「選挙時のメディア接触、投票行動に関する日韓大学生比較調査」,『情報学研究 調査研究編』東京大学大学院情報学環 ,23号(総58頁,筆者担当: 1.2章: 291頁,3章及び4章: 306-322頁で総18頁)
  • 橋元良明・辻大介・石井健一・木村忠正・金相美(2004.3):「パネル調査によるインターネット利用の影響分析」,『情報学研究 調査研究編』東京大学大学院情報学環21号 (筆者担当3.1章:340-355頁,5.1章:389-399頁で総27頁).
  • 橋元良明・石井健一・木村忠正・金相美(2003.12):「インターネット利用に関する日韓大学生比較調査―インターネット・コミュニティを中心として」,『東京大学社会情報研究所調査研究紀要』 20号:335-485頁(筆者担当:1.2章: 218-227頁,3章: 274-282頁,4.1~4.4章: 283-295頁で総32頁)
  • 橋元良明・辻大介・石井健一・木村忠正・金相美(2002.10):「インターネット・パラドクス」の検証,『東京大学社会情報研究所調査研究紀要』18号(筆者担当:3.1章:376-384頁,3.3章:388-395頁).

 
 [研究報告書:単著]
 [NEW!]

  • 金 相美(2014)『47ニュースの生態系と展望』
  • 金相美(2006.9):『サイバーコミュニケーションによるソーシャル・ネットワークの拡散と収斂に関する社会心理学的研究~日本と韓国社会におけるソーシャル・ネットワーク形成要因の比較を中心に』, (財)大川財団研究助成金による研究報告書(総28頁)
  • 金相美(2006.3):『モバイル・インターネット利用における情報価値説明要因及び広告に関する態度に及ぼす影響』, (財)吉田秀雄記念事業財団研究助成金による研究報告書(総215頁) 
  • [研究報告書:共著]
  • 橋元良明・石井健一・小笠原盛浩・金相美・金仁培・木村忠正他.(2006.6):『調査からみたネット利用、対人関係、社会心理の日韓比較』,平成17年科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書(筆者担当:2.2章: 40-77頁,4.2章: 123-127頁,4.8章: 154-158頁,4.11章: 178-185頁)
  • 橋元良明・金相美・吉田暁生&コニカミノルタイメージング文化研究所.(2005.12):協同研究プロジェクト 日韓家庭訪問調査報告書 東京とソウルの家庭に見る情報生活の風景~メディアライフの今と将来~コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 イメージング文化研究所&東京大学大学院情報学環橋元研究室(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  • 三上俊治・橋元良明・遠藤薫・石井健一・金相美・小笠原盛造・北村智(2005.7).『インターネットの利用動向に関する実態調査報告書』,独立行政法人 情報通信研究機構(NiCT)(筆者担当:4章: 31-46頁,8章: 77-88頁)
  • 橋元良明・辻大介・石井健一・木村忠正・金相美(2004.3):『インターネット利用に伴う情報格差・対人関係希薄化の分析-パネル調査によるインターネット・パラドクスの検証』,平成13年~平成15年度科学研究費補助金(基盤研究B-1)研究成果報告書.(執筆分担:1.2章:228-227頁,3章:274-282頁,4.1~4.4章:283-295頁).
  • 三上俊治・吉井博明・箕浦康子・橋元良明・柏倉康夫・小笠原盛浩・八ツ橋武明・池谷のぞみ・金相美 (2003.5):『21世紀情報社会におけるメディア・エコロジーの基礎研究』文部省科学研究費・基盤研究(B)(執筆分担:6.2章:89-101頁).